【30・40代女性の抜け毛・薄毛】どうして抜けるの?対策はあるの?

【30・40代女性の抜け毛・薄毛】どうして抜けるの?対策はあるの?

薄毛をカバーする髪型やウィッグ

薄毛をカバーするには、ストレートな髪型よりも、ウェーブでボリューム感を出す髪型がお勧めです。
特に前髪は、大切なポイントです。
生え際の薄毛を目立たせないように、前髪は多めに垂らしておく髪型がいいでしょう。

髪全体の長さについては、手入れのし易さや好みにもよりますが、ロングよりはミディアムの長さの方が、手入れはずっと楽です。
そして、ショートの髪型にも大きな利点があります。
それは、分け目を自由自在に変えられることです。
ロングやミディアムだと、分け目を変えると不揃いな感じが目立ちますが、ショートなら大丈夫です。
分け目を変えることで、薄毛が目立つ部分をカバーすることができますし、もしも部分的に円形脱毛症になってしまったような場合でも、髪型だけで簡単にカバーできます。

ところで、最近はウィッグがファッションの一部になっていますね。
以前は「かつら」と呼ばれて、あまりなじみがなかったものですが、最近のウィッグは、とても手軽に装着できて、おしゃれです。

かつらの場合は、生え際を見ただけで自毛ではないとわかってしまったものですが、現在のウィッグでは自然な生え際になるので、見ただけでは誰も気づかないほどです。
それに、気になる部分にだけピンで留めるタイプのウィッグもありますから、部分的に、しかも簡単にボリュームアップできます。

ウィッグには、人口毛のものと人毛のものがあります。
人口毛のものは手入れが楽で、色あせもなく髪が絡みにくいなどの利点があり、人毛では、自然な感じでカラリングやスタイリングを楽しめるなどの利点があります。

自分に合ったものを探して、薄毛のカバーはもちろん、ファッションとして楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

このページのトップへ