【30・40代女性の抜け毛・薄毛】どうして抜けるの?対策はあるの?

【30・40代女性の抜け毛・薄毛】どうして抜けるの?対策はあるの?

抜け毛の治療方法

ここでは、女性の抜け毛の治療方法として最近注目されている方法を、ふたつご紹介しておきます。

まず、ひとつは「パントガール」という薬をのむ方法です。
この薬は、女性の抜け毛や薄毛の治療薬として認められている、世界で唯一の薬です。
抜け毛を予防して発毛を促すとともに、髪の質も改善する効果があります。
成分は、ビタミンB1や薬用酵母、ケラチン等で、ビタミン剤のような感じです。

日本女性にどのくらい効果があるかは、まだはっきりしないのですが、ヨーロッパでは、既に30年以上も抜け毛の治療に使用されています。
毎日3回の服用で、3か月後には治療効果が現れたという報告もあります。
重大な副作用の報告などは、ありません。

もうひとつの方法は、「ハーグ(HARG)療法」です。
この治療方法は、頭皮に有効成分を注入し、髪の再生に直接働きかけていくものです。
休止期に入っている毛母細胞等を、「成長因子」を注入することで活性化させて、髪の成長を促進します。
医療機関でのみ行っている治療です。

この「成長因子」は、ヒトの脂肪幹細胞を培養して生成したタンパク質に、アミノ酸やビタミン類等の有効成分を配合して作られています。
症状によっては、血管を拡張させて血流を改善する「ブフロメジル」や、髪のタンパク質であるケラチンの成分のひとつである「メソヘアー」なども追加して配合し、使用します。

通常、6回の注入を1クールとする治療ですが、綿密な治療計画をたてて行う必要があるので、受診する医療機関で、まず充分なカウンセリングを受けることから始めてください。

 

このページのトップへ