【30・40代女性の抜け毛・薄毛】どうして抜けるの?対策はあるの?

【30・40代女性の抜け毛・薄毛】どうして抜けるの?対策はあるの?

抜け毛とストレスとの関係

女性のストレスは男性の場合と比べて、より多くの場面で生じると言えます。

仕事を持つ女性なら、もちろん職場のストレスもありますが、やはり、妊娠出産育児家事など、女性ならではの悩みも多いからです。
体の面で考えても、毎月の生理の周期により、気持ちの不安定さがストレスとなることも少なくないでしょう。

ストレスが高じると、食欲が減退したり睡眠不足になったりします。
そうなると全身の状態が悪くなり、血流も悪くなってしまいます。
血管が収縮すると、体に充分な栄養分や酸素が行き渡らなくなるだけでなく、自律神経のバランスが崩れたりもするのです。

それだけにとどまらず、肝臓などの臓器の働きが悪くなって、髪の毛にも充分なタンパク質が行き渡らなくなり、抜け毛の原因となってしまうことがあります。
ストレスをためないよう、上手にストレス解消することが大切ですね。

ところで、ストレスが原因の抜け毛に関連して、「円形脱毛症」のことを少しお話ししておきましょう。
円形脱毛症の原因として、「自己免疫説」と「末梢神経異常説」の2つがあると考えられています。
自己免疫説では、ストレスによって免疫機能に異常が生じて、毛母細胞の損傷により脱毛するとされています。
そして、末梢神経異常説では、ストレスが原因で首の後部の僧帽筋(そうぼうきん)が過度に緊張し、血行不良により、毛根にある末梢神経が影響を受けて脱毛するとされています。

円形脱毛症は、ストレスが緩和すれば改善するとされています。
でも、抜け毛というものは体全体の問題であるということをしっかり心に留めて、ストレス解消に努める必要があると言えます。

 

このページのトップへ