【30・40代女性の抜け毛・薄毛】どうして抜けるの?対策はあるの?

【30・40代女性の抜け毛・薄毛】どうして抜けるの?対策はあるの?

抜け毛の原因になる生活習慣

抜け毛の原因にはいろいろなものがありますが、生活習慣も深く関わっています。

まず、お酒を飲む生活習慣のある人は要注意です。
もちろん、お酒も適量であれば問題はないのですが、飲み過ぎると、抜け毛だけでなく他の病気の原因にもなります。

お酒を多量に飲むと、肝臓の機能が低下することがあります。
髪の毛を健康な状態に保つためには、良質なタンパク質が必要ですが、肝臓の機能が低下すると、タンパク質の生成が阻害されたりするのです。
多量の飲酒という生活習慣は、すぐに改める必要があります。

また、紫外線も抜け毛の原因になります。
紫外線を浴びると、頭皮にある皮脂を酸化させて「過酸化物質」が生成されるのです。
過酸化物質は、毛根の部分にある毛乳頭等や毛母細胞にダメージを与え、髪の寿命を縮めてしまう作用があります。

紫外線は、毛根だけでなく髪の毛の表面のキューティクルをも壊してしまいますから、注意しましょう。
屋外で紫外線を浴びる機会が多い生活習慣がある場合は、充分な紫外線対策を心がけてください。

それから、少し意外かもしれませんが、運動不足も抜け毛の原因となります。
髪の毛には、血流がかなり大きな影響を及ぼしているのです。
運動しない状態で、長時間座っていたり立っていたりすると、足がむくんだりすることがありますが、これは血液やリンパ液の流れが悪くなっている証拠なのです。
そうなると、当然、頭皮も血流が悪くなり、抜け毛の原因となるわけです。

仕事や家事で忙しく、時間が取れない女性も多いかもしれませんが、まずは短時間の軽い運動を始めてみましょう。一見、抜け毛と無関係に見える生活習慣も、改めて見直す必要があります。

 

このページのトップへ